学費も生活費もピンキリ!語学留学にかかる費用とは?

海外の大学に通う前に英語に触れたい、赴任先で仕事に支障がないよう英語に慣れたい、英語を勉強しながら海外で生活してみたいなど理由は色々あると思いますが、語学を習得するとなると、初めに語学留学を選択する人が多いと思います。そんな語学留学には一体どれくらいの費用がかかるか知っていますか?筆者の語学留学経験を踏まえ、費用についてご説明します。

まず学費についてですが、語学学校の大半は4学期制になっている所が多いので、3ヶ月ごとに費用が発生します。学校の立地や授業内容によって学費はピンキリですが、安い所で10万円〜、高い所だと30万円近くになる場合もあります。筆者が通っていた語学学校は入学金1万円、3ヶ月15万円で、入学前に6ヶ月分先払いしていました。半年後もっと勉強したいと思い更に6ヶ月延長をお願いすると、学校自体の学費が値上がりし、3ヶ月18万円でした。あとは教科書代が各学期1万円かかりました。1年通ったので、学費は15万円×2学期+18万円×2学期+教科書代1万円×4学期=71万円。

次に生活費ですが、最初は学校の紹介で30人程の生徒が住んでいる寮に入りました。4帖程の狭い1人部屋、風呂トイレキッチン共同、光熱費込みで1ヶ月8万円、相部屋であればもっと安かったですが、知らない人と同じ部屋は不安だったのでお金より安心を取りました。1回200円の寮内コインランドリーで週2回洗濯をしていました。3ヶ月住んだ後、アパートへ引っ越し、シェアしてルームメイトと3人で住んでいました。8帖1人部屋、風呂トイレキッチン共同、光熱費込みで5万円でした。アパートも立地やシェアする人数によってかなり違います。寮8万円×3ヶ月+アパート5万円×9ヶ月=69万円。食費は自炊をしたり、外食したりで毎月大体3万円×12ヶ月=36万円。生活費合計105万円。

続いて交通費ですが、飛行機代が往復で20万円。いつ帰るか決めていなかったので、片道ずつ航空券を取った為料金が嵩みました。あとは定期券が地下鉄・バスが乗り放題な上、学生用の定額で安かったので購入し、放課後や週末はバスに乗って出掛けていました。1ヶ月0.45万円×12ヶ月=5.4万円。交通費合計25.4万円。

これだけで済めばいいのですが、せっかく海外に来たからには旅行したり買い物を楽しみたいですよね。留学中何度か旅行したり、現地の服や化粧品を買ったり、飲みに行ったりしてました。娯楽費月3万円程×12ヶ月=36万円。

その他にかかったのは、ビザ申請費用と保険料。これは国によりますが、筆者はアメリカ留学で、学生ビザ取得に必要な書類や、面接予約時に払う料金等含め、当時3万円支払い、留学生用の海外保険が18万円でした。その他合計21万円。

予想外の痛い出費だったのが、緊急の一時帰国と病気です。親戚の不幸があり、一時帰国として交通費往復20万円。不幸の後アメリカに戻って来た直後気付かずに進行していた虫歯で歯の一部が欠けてしまい、歯医者で15万円かかりました。歯科保険は旅行保険にはほとんど含まれていない上、アメリカの歯医者は飛行機のチケット代並に高いので、留学前に虫歯は必ず治しましょう。一時帰国20万円+歯医者15万円=35万円。

最後に集計すると、学費71万円+生活費105万円+交通費25.4万円+娯楽費36万円+その他21万円+予想外の出費35万円=293.4万円、約300万円かかりました。あくまで私の場合のアメリカ語学留学1年間にかかった費用なので、国や学校、期間によって料金がかなり違ってきます。途中で学費や家賃が上がる事がありますし、予想外の事が起こっても対応できるよう貯蓄は余裕を持って準備しておきましょう。

オーディオ
占い 電話
童話
初値予想

英語上達の秘訣
住宅リフォーム総合情報

工務店向け集客ノウハウ
ショッピングカート

心の童話
生命保険の口コミ.COM