アーカイブ | 2月 2017

笑顔で「ありがとう!」と言う大切さ

最近は表情の少ない子供が増えているなぁと感じています。また、親が子どもの代わりに人に「ありがとう」と言うだけで子どもに言わせないため、「ありがとう」と言えない子どもも多い気がします。ホームステイをする上で、この言葉は非常に重要です。ホームステイをする子どもの中に英語に苦労しない子どもはいないでしょう。実際に会話の7割はノンバーバルコミュニケーションで図られます。つまり、表情は非常に重要なのです。

ホストファミリーに何かしてもらった時、笑顔で「ありがとう!」と言うことは非常に大切です。と言うのは、ホストファミリーもホームステイ中の子どもの表情を見ながら一生懸命「この子は何が好きかな」「何をしたら喜ぶかな」と試行錯誤してくれているのです。つまり、笑顔で「ありがとう!」と言うことは、相手にも「良かった!」という安心感を与えるのです。言い方は悪いですが、笑顔でお礼を言うことで、ホストファミリーに「それなら、またしてあげよう!」と思わせることもできるのです。何かしてもらった時、何かプレゼントをもらった時、笑顔でお礼を言うだけで、相手にぐっと良い印象を与えることができるのです。そしてそれは、ホストファミリーと良い関係を築くきっかけになるのです。